おすすめ ゴルフ

【ゴルフレーザー距離計】超おすすめ3機種比較

悩んでいる人
レーザー距離計ほしいんだけど、たくさん種類があってどれにするかまようなぁ

 

そんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容

レーザー距離計を選ぶときの基準

数あるレーザー距離計の中からおすすめ3機種を厳選

 

 

 

レーザー距離計を選ぶときの基準

レーザー距離計を選ぶ基準にはいろいろありますが、大きくわけると次のふたつ。

  • レーザー距離計の価格
  • レーザー距離計の機能

 

レーザー距離計の価格帯

レーザー距離計には、3つの価格帯があります。

格安     1万円以下

ミドルレンジ 1万~3万

ハイレンジ  3万以上

 

アマゾンのサイトで『レーザー距離計』で検索すると、1万円を切る格安レーザー距離計がたくさん見つかります。

これらの距離計は最低限の機能はありますが、

  • 防水性能が弱い
  • 耐久性が低い
  • 測定が遅い

などなど不安な要素も多々あります。

 

レーザー距離計は1万円台のミドルレンジ以上の機種がおすすめ

せっかくの買い物なので、損はしたくないですよね。

初めてレーザー距離計を買うなら、性能や機能が確実なミドルレンジ以上の機種を選ぶことをおすすめします
Yoshida

 

 

レーザー距離計の機能

レーザー距離計についている機能として特に便利な機能には次のようなものがあります。

  • 手ブレ防止機能
  • 高低差測定機能

手ブレ防止機能

ピンまでの距離を測定するときに、最も便利な機能は手ブレ防止機能です。

手ブレ防止機能の仕組みとしては、光学式、デジタル式があります。

どちらの方式でもよいのですが、ストレスなく測定するためには手ブレ補正機能付きの機種をおすすめします。

 

 

高低差測定機能

『打ち上げ』や『打ち下ろし』があるコースでは高低差を考慮して狙うべき距離を決めなければなりません。

  • 打ち上げの場合は長め
  • 打ち下ろしの場合は短め

 

高低差測定機能とは、ターゲットの高低差を考慮して、打つべき距離を表示してくれる機能です。

この機能があれば、高低差が大きいコースでも、クラブ選びに迷うことがありません。

 

競技でレーザー距離計を使う時には、高低差を測定することはルール違反です。競技での使用を考えている方には、高低差機能のON・OFFができる機種がおすすめです。
Yoshida

 

 

 

厳選おすすめレーザー距離計3機種

僕がおすすめするレーザー距離計3機種を紹介します。

1位:ニコン COOLSHOT PRO STABILIZED

 

おすすめポイント

最高性能の手ブレ補正機能

小型サイズで扱いやすさNo1

 

僕のオススメNo1は、ニコン COOLSHOT PRO STAVILIZEDです。

その理由は、ほかのレーザー距離計を寄せ付けない圧倒的な手振れ補正機能の性能の高さです。

 

ほかのレーザー距離計だと、手ぶれのために片手で測定するのはほぼ不可能。

ところが、この は本当に片手で測定出来ちゃいます。

 

おすすめ3機種のファインダー内の画像を比較してみました。

PinEagle

CoolShot Pro Stabilized

Approach Z82

 

Yoshida
画像でみると、Coolshot Pro Stabilizedの手ブレ補正機能の凄さが一目瞭然ですね

 

価格は少し高めですが、最もストレスフリーで測定できる距離計はこの機種です。

 

詳しくはこちらの記事でも紹介していますので、気になる方はどうぞ

【ニコン COOLSHOT PRO STABILIZEDレビュー】手ブレ補正性能は最高です!

 

 

 

2位:Pin Eagle ピンイーグル

PinEagle

おすすめポイント

低価格ながら、性能は問題なし。

アマゾンでランキングNo1継続中

 

次におすすめするのは、PinEagleです。

その理由は、低価格ながらゴルフ距離計として必要な機能は全て備わっている点。

手振れ補正機能こそありませんが、両手で持って脇を閉めた状態で測定すれば、全く問題なく使えます。

 

もちろん高低差測定機能やピンサーチ機能もあります。

 

初めてレーザー距離計をかうなら、価格が安いPinEagleをおすすめします
Yoshida

 

 

詳しくはこちらの記事でも紹介していますので、気になる方は確認してみて下さい。

【Pin-Eagleピンイーグル・レビュー】高級レーザー距離計と同等性能で1万円台!

 

 

3位:ガーミン Approach Z82

おすすめポイント

レーザー距離計とGPS距離計のハイブリッド

コースレイアウトやハザードの距離も一瞬でわかります

 

最後におすすめするのは、ガーミンのApproach Z82です。

その理由は、レーザー距離計とGPS距離計のハイブリッド距離計という超豪華なスペック。

ファインダーを覗くだけで、コースレイアウト、ハザードまでの距離、風向き、高低差など、一瞬で必要な情報を全て把握できます。

 

レイアップ地点を決めるにはハザード情報が必須です。

Approach Z82があれば、ティーショットでも大活躍。

迷いなく狙うべきポイントを決めることができるので、ショットに集中できますよ。

 

ガーミン Approach Z82の詳しい内容についてはこちらでも紹介しています。

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】究極のレーザー距離計& GPSゴルフナビ

 

【ゴルフレーザー距離計】超おすすめ3機種比較まとめ

レーザー距離計のおすすめ3機種は次のとおり

  • ニコン COOLSHOT PRO STABILIZED
  • Pin-Eagle ピンイーグル
  • GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82

 

とにかく安くて良いものがほしいという方は

Pin-Eagle(ピンイーグル)

 

とにかくストレスなく距離を測定したいという方は

ニコン COOLSHOT PRO STABILIZED

 

ピンまでの距離だけでなく、ハザードや風向きも知りたい方は

GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82

 

ゴルフ上達・スコアアップにはレーザー距離計はかかせないアイテム。

是非手に入れて楽しいゴルフライフを満喫しましょう。

-おすすめ, ゴルフ

© 2020 The雑誌ブログ