【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

おすすめ ゴルフ

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】究極のレーザー距離計& GPSゴルフナビ

GPSゴルフナビでおなじみのGARMIN(ガーミン)から、最新モデル Approach Z82が発売されました。

 

この製品は、レーザー距離計にGPSコースナビ機能を内蔵した他に類を見ない最高峰のレーザー距離計です。

 

僕も、この高機能レーザー距離計『Approach(アプローチ) Z82』を購入して使ってみました。

 

結論、絶対におすすめできるレーザー距離計です!

 

この『Approach(アプローチ) Z82』現在、公式サイトやアマゾンでも品薄になっている超人気機種となっています。

 

というわけで、本記事では『【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】』について書いていきます。

 

 

 

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82の外観・スペック

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

GARMIN Approach(アプローチ) Z82は黒一色のシンプルなモノトーンボディ。

 

 

重量は232gあります。

 

本体の他に、取説、専用ポーチ、充電USBケーブルが付属しています。

 

 

 

 

 

 

他のレーザー距離計と比べて、最も優れている点は高感度GPSを内蔵していることです。

全世界約41,000以上のゴルフコースに対応しています。

 

レーザーの精度はトップクラスの±0.27yd。

狙ったポジションまでの距離を正確に測定できます。

 

GARMIN Approach(アプローチ) Z82の仕様

メーカー GARMIN(ガーミン)
製品名 Approach Z82
重量 226 g
測定可能距離 5.5 - 450yd.
測定精度 ±0.27yd
望遠倍率 6倍
高低差表示
防水構造 IPX7
電源 充電式リチウムイオン電池
付属品 専用ケース、USBケーブル

 

 

 

 

 

 

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82の基本機能

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82は高性能GPSを内蔵しており、他のレーザー距離計にはない様々な機能を持っています。

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82の便利機能

  • ピンまでの距離を測定する
  • ホール情報を表示する
  • ハザード情報を確認する
  • ピンの方向を確認する

 

ピンまでの距離を測定する

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

使い方のイメージは次の通りです。

  1. 距離計の照準をピンフラッグに合わせる。
  2. 照準が合うと、振動してフラッグのアイコンが表示されて、文字が黄色になります。
  3. また、それと連動してホール情報表がグリーンの拡大表示になります。

 

ピンフラッグまでの距離だけでなく、グリーンのフロント・バックまでの距離も表示されるので、よりきめ細かくコースマネジメントすることが可能になります。

 

 

ホール情報を表示する

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

現在プレー中のホール情報が表示されます。

GPSの情報をもとに、現在値に近いホールが自動的に表示されます。

 

各ハザードの距離が表示されるので、ティーショットでの狙い所に迷うことがありません。

 

 

 

 

ハザード情報を確認する

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

コースレイアウト上のハザードを選択すると、ハザードの奥・手前の距離が表示されます。

この機能を使えば、ブラインドになっていたり打ち上げのホールでハザードが見えないホールでも正確に位置を確認することができます。

 

 

 

ピンの方向を確認する

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

ドッグレックのティーショットや、林の中からのショットなどグリーンが見えない場所からショットを打つ時に便利な機能です。

これがあれば、グリーンが見えなくてもショットの方向を事前に確認することができます。

 

 

 

 

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82のその他の機能

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82の機能はこれだけではありません。

Garminゴルフアプリとペアリングすることで、次の機能を利用することができます。

 

さらに便利な機能

  • スコアカードのアップロード
  • 風速と風向きの表示
  • デバイス検索

 

スコアカードのアップロード

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

スコアカードを入力すると、Garmin Golfアプリにアップロードすることができます。

ティーショットの結果やパット数も入力可能。

アップロードしたデータはGarmin Golfアプリで統計データとして確認できます。

 

 

風速と風向きの表示

【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】

ホール情報の左下に風速と風向が表示されます。

ピンの方向を見た向きで表示しているので、風の状況がひと目でわかります。

この情報はスマホのGarmin Golfアプリが取得した天気情報に基づいて表示していて、10分毎に更新されます。

 

 

デバイス検索

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82が最後に通信した位置を位置情報として表示します。

万が一コース内で落としてしまったとしても、この機能があれば探すことができるかもしれません。

 

でもこの機能のお世話にはならないように気をつけましょう。

 

 

 

GARMIN(ガーミン) Approach(アプローチ) Z82レビューまとめ

まとめ

GPSナビとレーザー距離計が連動し、コースマネジメントに必須の機能が満載!

  • ピンまでの距離を測定する
  • ホール情報を表示する
  • ハザード情報を確認する
  • ピンの方向を確認する

さらにスマホアプリと連動するとさらに便利になります!

  • コアカードのアップロード
  • 風速と風向きの表示
  • デバイス検索

価格(税抜) 69,000円

 

本記事では、『【GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82 レビュー】究極のレーザー距離計& GPSゴルフナビ』について書きました。

GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82は、高性能レーザー距離計GPSナビを組み合わせることで、他のデバイスでは真似できない様々な情報を簡単に得ることができます。

 

GARMIN(ガーミン)Approach(アプローチ) Z82を使えば、コースマネジメントに必要な情報が全てわかるので、スコアアップに役立つだけでなくプレーやマネジメントに対する考え方も変わります。

 

値段は少し高めですが、これから本格的にスコアアップを目指す方には間違いなくおすすめの一品です

 

 

他のレーザー距離計の情報を知りたい方はこの記事もどうぞ

【ゴルフレーザー距離計】超おすすめ3機種比較

続きを見る

格安ゴルフレーザー距離計 徹底比較|おすすめの距離計はどれ?

続きを見る

-おすすめ, ゴルフ

© 2020 The雑誌ブログ