おすすめ

おすすめの脱毛器3選|徹底比較あなたに向いている脱毛器はどれ?

自宅で手軽にムダ毛処理ができることで、今大人気の家庭用脱毛器
テレビを見ながら、家族と会話しながらなど、ながら時間をうまく使って簡単に脱毛できる脱毛器をご紹介します。

でもAmazon、楽天などでちょっと調べるとわかりますが、たくさんの種類の脱毛器が販売されているのでどれがいいのか悩んでいるのではないでしょうか?

この記事では、口コミ評価が高い脱毛器を比較して、あなたにおすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介する脱毛器

楽天で口コミ評価が非常に高いTOP3の脱毛器を徹底比較!

  • ケノン脱毛器
  • 脱毛ラボホームエディション
  • ブラウンシルクエキスパート PL-5137
Yoshida

ご家族と一緒に脱毛器を使いたい方におすすめの脱毛器が気になる方は、【娘と使える脱毛器】中学生・高校生と一緒に使うためのおすすめ3選もどうぞ。

家庭用脱毛器を選ぶポイント

まずは脱毛器を選ぶポイントについて解説します。

あなたは次の3点が優れている脱毛器を選びたいと思いませんか?

  • コスト
  • 脱毛性能
  • 使い勝手

つまり理想の家庭用脱毛器は、
できるだけ安い値段で、しっかりと脱毛できる。
その上で、簡単で安全に使える脱毛器。

そんな脱毛器を選ぶにはどのようなポイントに着目すべきでしょうか?

理想の脱毛器を選ぶためには、次の4点に着目するとよいでしょう。

脱毛器を選ぶポイント

  • 光の種類
  • 光照射回数と面積
  • 冷却機能の有無
  • カートリッジ着脱の有無

各ポイントについて簡単に紹介します。

光の種類

家庭用脱毛器の光源の種類はフラッシュ式とレーザー式の2種類があります。

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式脱毛は光脱毛ともいいます。
毛に光を当てると毛根にある黒い色素(メラニン)に反応して発熱します。
この熱により毛根にダメージを与える脱毛方式がフラッシュ式(光式)脱毛です。

照射範囲が広く、緩やかに効果が現れるのが特徴。
光の熱による痛みも少ないため、脱毛器を使ったことがない方やお子様と一緒に使う方におすすめです。

レーザー式脱毛器

レーザー式脱毛器は、黒い色素(メラニン)に反応する波長のレーザーを用います。
このレーザーを肌に照射すると、毛に反応して熱を発します。
この熱により毛根にダメージを与えることで脱毛が実現できます。

照射範囲が小さく、ピンポイントで反応するため脱毛の効果は高いです
その反面、痛みが強くでたり、デリケートゾーンには使用できないといったデメリットがあります

あなたが初めて家庭用脱毛器を使用するのであれば、安全で痛みも少ないフラッシュ式(光式)脱毛器をおすすめします。
ちなみに、この記事で紹介している3機種は全てフラッシュ式です。

光照射回数と面積

フラッシュ式のライトには寿命があります。
使う回数が増えるに従って光量が落ちていき、脱毛の効果が弱まってきます。
各メーカーのカタログには使用可能回数が書いてありますので、脱毛器を選ぶときには参考にしてください。

また、光の照射面積は1フラッシュあたりの脱毛範囲に関係します。
照射面積が広いと、1度に広い面積が脱毛できるので、腕や足などの広い部分の脱毛に適しています。

その反面、顔やデリケートゾーンを脱毛するときはできるだけピンポイントに光を当てたいので照射面積が狭い方がいいです。

Yoshida

脱毛器を選ぶ前に、どの部分の脱毛をしたいのか考えておくと効率的に選ぶことができますよ。

冷却機能の有無

脱毛器を使うときには、光による熱が発生します。
この熱により痛みを感じることもあります。

そのため、脱毛するときには光を当てる部分を冷やしながら行うことが基本です。

脱毛器には、冷却機能があるものと無いものがあります。
冷却機能が無い場合には、保冷剤が必要になります。

基本的には
保冷剤で冷却 ⇨ 照射 ⇨ 保冷剤で冷却

このサイクルで脱毛していきます。

冷却機能がある場合、保冷剤が不要になるので使い勝手が良いです。

使い易さを重視するなら冷却機能付の脱毛器を選ぶことをおすすめします。

カートリッジ着脱の有無

家庭用脱毛器には、光を照射する部分が取り外せるものと取り外せないものがあります。

カートリッジ着脱式のメリット

カートリッジ着脱式の脱毛器は点灯回数の寿命が来た時に、カートリッジだけを交換すれば再利用可能です。
一方で、着脱できない脱毛器は、規定の点灯回数を使用すると本体を買い換える必要があります

一見すると、着脱式は大きなメリットがあるようですが実はそうでもありません。

というのは、カートリッジ着脱できない脱毛器の場合、約 30万回照射できるタイプが多いです。
この数は全身脱毛なら約300回ほどの回数になります。
これだけの回数使えるのであれば、自分の脱毛だけでなく、ご家族と一緒に使っても全く問題ありませんね。

脱毛器のおすすめTOP3

それでは、楽天やアマゾンで口コミ評価が多いTOP3の家庭用脱毛器を紹介します。

まずは一覧表にまとめました。

商品画像
商品名ケノン脱毛器脱毛ラボホームエディションブラウンシルクエキスパート
PL-5137
購入金額(税込)69,800円71,478円82,280円
脱毛方式フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式
照射レベル10段階5段階10段階
照射面積9.25cm2(3.7 * 2.5cm)4.1cm2(1.36 * 3.06cm)3.0cm2
ショット数50〜300万発30万発40万発
カートリッジ交換可能不可能不可能

それでは一つづつ特徴について詳しく解説していきます。

ケノン脱毛器

ケノン脱毛器の特徴

  • 圧倒的な販売実績と満足度
  • スピーディーに脱毛処理できる(片脇 1.6秒!)
  • カートリッジを変えると美顔器にもなる

圧倒的な販売実績と満足度

ケノンの1番のメリットは、圧倒的な販売台数実績と、豊富な口コミ評価です
2012年からの販売台数は90万台を超えています。
また楽天での口コミ評価数は147,000件以上。
さらにその内訳では、口コミの評価3以上が98 %を超えています。

長期間販売しつつ、販売台数も確実に積み重ねてきている中で高評価が98%以上
初めて家庭用脱毛器の購入を考えているあなたも、安心して使うことができますよ

スピーディーに脱毛処理できる(片脇 1.6秒!)

照射光が大きい7cm2のカートリッジを使えば脱毛処理がとてもスピーディ。

お肌への影響が小さいレベル1のフラッシュ照射を連発モードで使うことで快適に素早く脱毛処理を行うことが可能。
連発モードを使えば0.4秒の間隔でフラッシュが照射されます。

例えば脇の脱毛の場合、0.4秒毎に少しずつ照射エリアをずらしながら連発で処理すれば4発の照射で片脇の処理が終わります

たった1.4秒で処理ができてしまいますので、無理せず脱毛処理を続けることが可能です

カートリッジを変えると美顔器にもなる

ケノン脱毛器はカートリッジ交換ができるメリットを最大限に活かすことのできる脱毛器。

その理由は、専用のカートリッジを使えば美顔器にもなるからです
美顔専用のカートリッジを使えば、血行を促進したり、新陳代謝を活発にしたりといった効果が期待できます。
いわゆる『フォトフェイシャル』ですね。

エステやサロンで行うフォトフェイシャルまで自宅でできるので、すごくお得ですよ。

ケノンのデメリット

  • 本体サイズが大きい
  • 保冷剤を自分で準備する必要がある

本体サイズが大きい

ケノンの脱毛器は、手で握って処理を行うハンディ部分と、そのハンディ部分と電線で繋がっている本体があります。
本体のサイズは約290mm×220mm 厚さ 約90mm、重さが約1.9kgあります。

脱毛処理の度に大きな本体をセットする必要があるため少し面倒です。

でもこれには理由があります。

本体の中にはコンデンサと呼ばれる電気のエネルギーを貯めるための部品が入っているため本体が大きくなっています。
電気エネルギーをためて、光として一気に出力するためにはコンデンサが必要不可欠。

光のエネルギーとピークパワーが大きいことで確かな脱毛効果が得られているため、少し邪魔なのは仕方がないですね。

保冷剤で冷やしながらの処理がめんどう

ケノン脱毛器は、冷却機能がありません。
安全で快適に脱毛処理をするためには、フラッシュ脱毛の前後にお肌を冷やす必要があります。

具体的にはこんな感じ。

フラッシュを当てる部位を決めたら、
保冷剤で10秒冷やす ⇨ フラッシュ照射 ⇨ 再度保冷剤で10秒冷やす

慣れれば、ルーチン作業のようになりますので苦にはなりませんが、やはり時間がかかってしまうのが少し面倒です。

脱毛ラボホームエディション

次のご紹介するのは脱毛ラボホームエディション。
本体はピンク色でサイズもコンパクトで優しい外観をしています。
アマゾンの口コミレビュー数もケノンに続いて2番目に多いので、実績も充分。

では、脱毛ラボホームエディションの特徴とデメリットについてご紹介です。

脱毛ラボホームエディションの特徴

  • 冷却クーリング機能搭載なので保冷剤不要
  • コンパクトで持ち運びにも便利
  • VIOを含む全身の脱毛が可能

冷却クーリング機能搭載なので保冷剤不要

脱毛ラボホームエディションの最大の特徴は冷却クーリング機能を搭載している点です。

冷却クーリング機能とは照射口の金属プレートを5度まで冷却する機能。
保冷剤を使って冷やしながらフラッシュ照射する必要がないため、脱毛処理がとてもスムーズです。
痛みが少なく安全に処理できるので脱毛処理が初めてのあなたにもおすすめです。

コンパクトで持ち運びにも便利

脱毛ラボホームエデションはとてもコンパクト。
ハガキの大きさくらいのサイズで重さも約270gと軽量!

部屋のどこに置いていても邪魔になりませんし、カバンに入れて旅行にも持っていくことが可能。
テレビを見ながらや家族とおしゃべりしながらでも邪魔になりませんよ。

VIOを含む全身の脱毛が可能

家庭用脱毛器の多くは、デリケートゾーンに使えないものもあります。
特にVラインには使えるけど、IとOには使えないものがほとんど。
その点、脱毛ラボホームエディションは、VIOの全ての部分に使用できます。

デリケートな部分はサロンなどで処理してもらうのは恥ずかしいですよね。
脱毛ラボホームエディションなら、自宅で処理ができるのが大きなメリットですよ。

脱毛ラボホームエディションのデメリット

  • カートリッジ交換ができない

カートリッジ交換ができない

脱毛ラボホームエディションは照射カートリッジを交換してすることができません
30万回の照射回数を使いきると、ランプは寿命となり本体を買い換える必要があります。

ただ、30万回の照射回数は、全身脱毛300回分に相当。
1週間に1回処理をするとすれば約10年分の照射回数となります。

充分な照射回数を持っているので、1人で脱毛器を使う分には全く問題とはなりません
家族や友人とシェアしても余裕で使えます。

ただ、大人数で使う場合は、若干不足気味に感じるかもしれません。
あなたが家族全員で使いたいと考えているとすれば、カートリッジ交換式のケノンをおすすめします。

Datsumo Labo.\脱毛ラボ
¥72,028 (2021/04/22 12:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

ブラウンシルクエキスパート PL-5137

楽天口コミ評価数第3位の脱毛器はブラウンシルクエキスパートPL-5137です。
ブラウンはメンズ電気シェーバーや電動歯ブラシ、脱毛器、光美容器など高性能なグルーミング製品を扱っている老舗メーカー。

ブラウン脱毛器の特徴

  • フラッシュパワーの自動調節
  • 家庭用脱毛器としては最高峰の出力
  • フラッシュスピード0.5秒

フラッシュパワーの自動調節機能

ブラウン脱毛器の最大の特徴は10段階のフラッシュの強度が自動で調整される機能がある点。
脱毛する時は、肌の色によって光の浸透度合いが異なるため、最適な強度を設定する必要があります。

ブラウンの脱毛器は毎分80回肌の色を読み取って、肌の色に応じたフラッシュの強度が設定されます。
そのため、安全で最適な脱毛効果を得ることが可能。
脱毛器を初めて使うあなたでも簡単に使うことができます。

家庭用脱毛器としては最高峰の出力

ブラウンのフラッシュエネルギーは、6J/cm2
家庭用脱毛器としては最高峰の出力を誇ります。
そのため、個人差はあるものの、公式サイト上で4週間で効果を実感できると明言しています。

短期間で効果を実感したい方には嬉しい性能です。

フラッシュ間隔0.5秒

ブラウンシルクエキスパートは、フラッシュ間隔0.5秒で連続照射が可能。
この連続フラッシュモードを使えば、脱毛処理の時間を大幅に短縮できます。
ひざ下などの広い部位のお手入れには特に効果大。

また肘などの細かい部位やデリケートゾーンの使用には単発モードに切り替えることで安全にお手入れできます。

おすすめの脱毛器まとめ

まとめ

この記事では楽天の脱毛器口コミ評価が多い3機種をご紹介しました。
評価の多い順からこちらの3機種です。

  • ケノン脱毛器
  • 脱毛ラボホームエディション
  • ブラウンシルクエキスパート

それぞれの特徴をよく確認して、あなたにぴったりの脱毛器を選んでくださいね。

販売実績と高評価の口コミが多い機種が気になるあなたには。。。
ケノン脱毛器がおすすめ
ケノン公式販売サイトで詳しく見てみる

冷却剤が不要で、お手軽に脱毛のお手入れをしたいあなたには。。。
脱毛ラボホームエディションがおすすめ
脱毛ラボホームエディション公式販売サイトはこちら

老舗ブランドの脱毛器が気になるあなたには。。。
ブラウンシルクエキスパートがおすすめ
ブラウンシルクエキスパートの公式サイトはこちら

Datsumo Labo.\脱毛ラボ
¥72,028 (2021/04/22 12:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

-おすすめ