swiftpoint

ガジェット

【ワイヤレスマウスSwiftpointGTレビュー】超小型で使いやすいマウス

この記事では、これまで2年間使い続けている小型ワイヤレスマウス

Swiftpoint GTをご紹介します。

 

注意ポイント

SwiftPointGTは、製造終了しています。

現在は後継のProPointが販売されています。

 

かなり変わった形してますね。。

 

私は、ネットでこのマウスを見た瞬間
あまりのかっこよさに感動してすぐポチリました。

それから現在まで約2年間使い続けています。

もし壊れてしまったらもう一度同じマウスを買います。

 

それくらい気に入ってます!!

だって、こんなに使いやすいマウスには出会ったことがありません!!

 

本記事では『Swiftpoint GT』の機能、外観、おすすめポイントについて書いていきます。

 

ワイヤレスマウスSwiftpoint GTの機能

Swiftpoint GTの基本仕様は次の通り

  • ボタン数 スタイラス部分を含めて3つ
  • Bluetooth4.0ワイヤレス
  • 解像度 1250DPI
  • 対応OS Win7/8/10, Mac OS X 10.4以降、Android 4.4以降、Linux対応
  • サイズ 56×40×33(mm)
  • 重量 24g
  • バッテリータイプ 充電式リチウムイオンバッテリー

 

 

ボタン類の配置

swiftpoint-gt

swiftpoint-gt

 

 

 

ワイヤレスマウスSwiftpoint GTの使い方

このマウスのサイズはとても小さいので
独特の持ち方で使用します。

 

ちょうど鉛筆を持つのと同じような持ち方で使います。

親指と中指でマウスをはさむように持って、人差し指でクリックします。

swiftpoint

なれない内は多少違和感はありますが、使うにあたっては全く問題ありません。

慣れてしまうとむしろ従来のマウスの方がおかしいと感じるようになりました。

 

また、指先だけでマウスを操作することでできるので、
腕はまったく疲れません。
またマウス操作のための作業スペースもとても小さくなります。

 

またジェスチャー機能とよんでいる独自機能を使いこなせれば
もっと便利になります。

 

マウスを少し傾けて動かすことでジェスチャー動作となります。

ジェスチャー機能によって、ウィンドウのスクロールが可能です。

マウスを傾けて上下、左右に動かすと
画面が上下 、左右にスクロールします。

EXCELの画面などで とても便利に使えます。

 

ワイヤレスマウスSwiftpoint GTの充電方法

Swiftpoint GTはUSB充電器兼レシーバーをUSBポートに差し込んだ状態で使用します。

swiftpoint

 

 

充電するときはこの写真のように充電レシーバーの上にマウスを載せて充電します。

マウスは、充電器の上に乗っかっているだけではなく
マグネットでしっかり固定されているので
充電しながら持ち運ぶことも可能です。

swiftpoint

 

 

ワイヤレスマウスSwiftpoint GTの短所

唯一とも言えるこのマウスの短所

それは、値段が高いこと。。。

 

現在(2020年4月時点)で約19000円します。
安いマウスなら10個買える値段ですね。

でもこのサイズで、使い勝手もよいマウスは
Swiftpoint GTしか見当たりません。

長く使えるものですので、思い切って購入してみてはどうでしょうか。

 

ワイヤレスマウスSwiftpoint GTまとめ

今回はワイヤレスマウス『Swiftpoint』をご紹介しました。

このマウスの長所は

  • サイズが小さい
  • マウス操作で疲れない
  • せまい場所でも操作できる

短所は 値段が高いこと

でも、性能と使い勝手を考えると購入する価値は十分にあります。

ぜひ購入して使ってみてください。

 

 

-ガジェット

© 2020 The雑誌ブログ