ガジェット

【MOBOキーボードレビュー】Bluetooth折りたたみ式キーボード

今回は折りたたみ式Bluetoothキーボード『MOBOキーボード AM-KTF83J』をご紹介します。

iPhoneやiPadで外出先から記事投稿をするときに使うために購入しました。

 

『MOBOキーボード AM-KTF83J』の概要

キーボードを開いた状態がこちら。

moboキーボード

 

キーボード配列は日本語JIS配列

キーピッチは19mmですので通常のノートパソコンと同じサイズです。

色はブラックとホワイトの2種類あります。

私はブラックモデルにしました。

 

折りたたむとちょうど文庫本くらいのサイズになります。

moboキーボード

 

 

専用ケースは、折りたたみ式で、iPad やiPhoneを置く台としても使えます。

moboキーボード

 

Bluetooth3.0を採用。最大84時間の連続使用が可能。

キーボード開閉で、電源が自動でON OFFします。

キーボードを開いたら、すぐに使うことができます。

 

充電はUSBボートから行います。

moboキーボード

充電中も有線接続のキーボードとして使用可能なのでバッテリー切れの心配がありません。

 

『MOBOキーボード AM-KTF83J』のおすすめポイント

このキーボードを使ってみて、おすすめのポイントは次の3点です。

しっかりとした造りで堅牢なボディ

折りたたみ式なのですが、キーボードを開いて打鍵するときのたわみがほとんどありません。

ボディがアルミ製で剛性が高く設計されています。

 

また、キーボードを上から抑えても、がたつきもなくたわみも感じないので

折りたたみ式とは思えない使いごこちです。

 

 

開くだけですぐに使える

moboキーボード動画

キーボードを開くだけで

自動で電源がONになりBluetoothも接続されます。

キーボードを開くだけですぐに使える状態になるので

わずらわしさがありません。

 

専用ケースが便利

『MOBOキーボード AM-KTF83J』の専用ケースはiPhone  iPadの台としても使えます。

iPodを外付けキーボードと組み合わせて使うときは

台は必須ですのでケースと台が兼用できるのはとても便利です。

moboキーボード

 

『MOBOキーボード AM-KTF83J』の不満点

『MOBOキーボード AM-KTF83J』の本体の重さは286g

カバーは172gなので

両方足すと 458g です。

 

カバンに入れて持ち運んでいるのですが

結構な重量となってしまいます。

もう少し軽くなるといいんですけどね。

 

『MOBOキーボード AM-KTF83J』のまとめ

『MOBOキーボード AM-KTF83J』は折りたたみ式のBluetoothキーボードです。

キーボードを開くとガタツキもないので使用感がとても良好です。

 

サブキーボードというより、メインとして使ってもまったく問題のない品質です。

 

モバイル環境を充実させたい方におすすめのキーボードです。

 

-ガジェット

© 2020 The雑誌ブログ