コートヤード東京

マイル・キャッシュレス 旅行

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|マリオットボンボイ宿泊記

東京に出かける用事があったので、『 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション』を1泊利用してみました。

この記事では、東京のマリオット・ボンボイ 『 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション』についてご紹介します。

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|特徴

抜群の好立地条件

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、東京駅八重洲口から徒歩4分、地下鉄銀座線京橋駅から徒歩1分とアクセスが非常によいのが特徴。

銀座、日本橋エリアにも徒歩10分で行ける好立地。

宿泊料金もそれほど高くはないので、出張利用のビジネスマンにおすすめのホテルです。

 

SPGアメックスカードを利用して、マリオットボンボイ公式サイトから予約しました。

部屋はコージーダブル 料金は1泊 14,000円です。

 

コートヤード東京

 

SPGアメックスカードを持っているだけで、宿泊料金が安くなり、マリオットボンボイのゴールドエリートステータスなど様々な特典がもらえます。

SPGアメックスカードの特典については SPGアメックスのメリット・デメリット の記事を参考にしてください。

 

 

ロビーを通らずに客室にアクセス可能

このホテルは、客室が2階、3階。

チェックインカウンターが4階にあります。

チェックイン後は、外出先からチェックインカウンターを通らず直接客室にアクセスが可能

チェックイン時に受け取るルームキーカードがないと、フロアには入館できないのでセキュリティも安心です。

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|チェックイン

 

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|エレベーター

チェックインラウンジは4階。

客室は2階、3階となっています。

このエレベーターはホテル専用となっていて、ビルのその他の施設にはアクセスできません。

1Fにはカフェ・レストランがありますが、コロナの影響でクローズしていました。

 

コートヤード東京 エレベーターほーる 

各階のエレベータホールから客室エリアに入るには、ルームキーが必要となります。

 

 

コートヤード東京

客室エリアの廊下は、照明をやや暗くしておりおちついた雰囲気。

めちゃめちゃ長い廊下になっていますので、一番奥の部屋になると結構遠いですね。。。

 

 

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|客室

客室ドアはカードロックになっています。

入室後、入り口ドアのすぐ横にカードキーを差し込むと室内の空調や電気・コンセントが使えるようになります。

コートヤード東京客室

入り口から室内を見た様子

今回はコージーダブルという部屋を予約しましたが、チェックイン時にクリエイターダブルというタイプにアップグレードしていただきました。

部屋の広さが少し広くなるようです。

これもSPGアメックスを持っていると受けられる恩恵の一つですね。

 

コートヤード東京 室内

室内から入り口を見た様子

 

 

コートヤード東京 アメニティ

湯沸かし器、湯呑、グラスが使えます。

コートヤード東京 冷蔵庫

ペットボトル2本の水は無料です

 

 

 

そのほかには、無料で使えるWiFiサービスもあります。

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|バスルーム

コートヤード東京 バスルーム

バスルームはユニットバスタイプ

浴室とトイレは一体型の部屋になっています。

アメニティは、シャンプー、トリートメント、ボディシャンプー、歯磨きセット、ヘアブラシ、ヘアキャップ、ヘアゴム、カミソリなどいつもの通り充実の品揃えです。

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|施設

フィットネスルームが3階にありますが、コロナの影響で使用することができませんでした。

 

コートヤード東京 フィットネスルーム

 

 

 

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション|まとめ

コートヤード東京

 

今回宿泊した『コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション』は、東京駅徒歩4分の好立地。

また、静かでおちついた雰囲気の客室エリアなど普段の出張で使うのにとてもいいホテルだと感じました。

 

SPGアメックスカードを使って宿泊すると、ポイントも1,878ポイント貯まります。

SPGアメックスは、旅行だけでなくビジネスでもお得に使えるカード。

私は東京に出張することは、あまり多くありませんがもし機会があればまた利用したいです。

 

SPGアメックスカードについては、SPGアメックス申込方法を解説 で詳しく説明していますので合わせてどうぞ。

 

-マイル・キャッシュレス, 旅行

© 2020 The雑誌ブログ