travel sea

おすすめ マイル・キャッシュレス 旅行

GoToトラベルでお得にプラチナチャレンジしませんか?|マリオットボンボイプラチナ修行のチャンス到来!

Go Toトラベル事業の詳細が発表されました。

コロナで大打撃を受けた旅行業界の復興支援策として、旅行代金の半額が還付される大変お得な制度です。

 

しかも何回旅行に行っても回数無制限で割引が受けられます。

 

この記事ではGo Toトラベルを利用して、マリオットボンボイのプラチナチャレンジに挑戦することを提案しています。

 

今なら10万円を切る破格の値段でプラチナ・チャレンジをすることが可能

詳しくはこちらの記事を参考に。

マリオット・プラチナチャレンジ最安プラン!|10万円を切るプランを発見!

 

 

また、プラチナチャレンジの詳細についてはこちらで詳しく解説しています。

マリオット・プラチナチャレンジ2020年ルールのまとめ

ぜひ参考にしてください。

 

国内、海外を問わず、旅行をするならSPGアメックスカードは最強のカードです。

カードを持っているだけで、マリオット・ボンボイのゴールドエリート資格をもらえるからです!

マリオット・ボンボイゴールドエリート資格のメリット

  1. 宿泊の無料アップグレード
  2. 最も安く宿泊できるベストレート保証

などなどお得な特典を受けることができます。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

SPGアメックスのメリット・デメリット、登録前に知っておきたいことまとめ

続きを見る

 

 

Go To トラベル事業の概要

Go Toトラベル事業は、コロナ後の景気回復支援策のひとつ。

簡単にいうと、『旅行代金の半分は国がもつから、どんどん旅行してね』という政策です。

 

Go To トラベルの概要

  • 旅行代金の1/2を支援
  • 支援額のうち、7割を割引、3割は旅行先で使えるクーポンを付与
  • 支援額上限は、1泊あたり2万円(日帰り旅行は1万円)
  • 利用回数制限なし

 

7月22日の開始当初は、宿泊料金の還付のみ実施される予定。

旅行代金の半額のうちの7割(旅行代金の35%)が還付されます。

つまり、旅行代金が20,000円の場合 7,000円が還付されます。

 

 

なお詳細は観光庁の資料を参考にしてください。

観光庁Go Toトラベル事業説明資料

 

Go Toトラベル事業開始はいつ?

Go Toトラベル事業開始は7月22日(金)からの予定です。

もともとは8月からの予定でしたが、7月の4連休に合わせて前倒しされたようです。

 

7月22日(金)のホテル宿泊代から還付対象となります。

7月の4連休は旅行のチャンス!

 

 

Go Toトラベル割引申請方法

Go Toトラベルには

  • 旅行代金の割引
  • 旅行先で使えるクーポン

の2種類の事業があります。

 

旅行先で使えるクーポンは9月1日以降実施される予定です。

現段階では、7月22日以降の旅行代金割引からスタートするようです。

 

旅行者本人が還付事務局に申請することで、旅行代金の還付が受けられます。

 

申請に必要な書類

  • 申請書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)
  • 領収書(原本)
  • 宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
  • 個人情報同意書(様式は事務局ホームページ・宿泊施設等で入手)

 

 

申請後に、事務局の書類審査が通れば旅行者に還付されます。

 

 

 

Go Toトラベルを利用してプラチナチャレンジしませんか?

travel

それでは本題です。

今回のキャンペーンは旅行代金の35%が戻ってくる大盤振る舞いの制度。

しかも、利用回数は無制限。

泊まれば泊まるだけ、割引を受けることができます。

 

このお得な制度を利用して、Marriott Bonvoy(マリオット・ボンボイ)のプラチナチャレンジに参加してみませんか

僕は7月からチャレンジする予定です。

 

チャレンジの様子はこのブログにアップする予定なので、また見に来てくださいね。

 

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)のプラチナチャレンジとは?

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)って何?

マリオット・ボンボイ『Marriott Bonvoy』とは、マリオットホテルグループのポイントプログラムのこと。

マリオットグループは110か国で5700軒のホテルをもつ世界最大のホテルチェーンです。

主なホテルブランド

リッツ・カールトン
マリオット
シェラトン
ウェスティン
ル・メリディアン

など

 

SPGアメックスカードを保有することで、マリオット・ボンボイ『Marriott Bonvoy』のゴールドエリート資格を取得できます。

この資格は、通常であれば年間25泊以上ホテルを利用する必要がある資格。

よほどのヘビーユーザーか出張が多いビジネスマンでなければ年間25泊も泊まれないですよね。

ゴールドエリートの主な特典は次の通り

  • 客室のアップグレード
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • 滞在毎に25%のボーナスポイント
  • 250P または 500P のウェルカムポイント
  • レストラン、バーが15%割引
  • 宿泊料の会員限定料金
  • 完全予約保証

SPGアメックスの詳細については次の記事で紹介していますのでよろしければどうぞ。

SPGアメックスのメリット・デメリット、登録前に知っておきたいことまとめ

 

 

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)のプラチナステータス特典

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)のエリートステータスには

  • ゴールド・エリート
  • プラチナ・エリート
  • チタン・エリート

があります。

プラチナ・エリート特典の最大のメリットは次の3つ

  • 朝食が無料
  • ラウンジ利用が可能
  • スイートを含むアップグレード

通常では利用できないラウンジの利用や

2,000~3,000円かかる朝食2名分が無料になるなど

プラチナエリートは一度は手にしてみたい夢の資格です。

 

マリオットボンボイ特典

 

 

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)のプラチナチャレンジ

マリオット・ボンボイ(Marriott Bonvoy)のプラチナエリート資格は、年間50泊以上利用するヘビーユーザーに与えられる特権です。

仕事で頻繁に利用する方以外では、なかなか厳しい条件だと思います。

 

プラチナチャレンジとは、年間50泊ではなく、3ヶ月で16泊すればプラチナエリート資格をもらえるキャンペーンのことです。

2019年末に一旦中止されましたが、現在は再開しているキャンペーン。

ただし、いつまで実施されるかは不明です。

 

プラチナチャレンジの方法については、別の記事で紹介します。

 

7月22日から実施されるGo Toトラベルを利用すれば、プラチナチャレンジにかかる宿泊代を35%減らすことができるビッグチャンスです。

僕もこの機会を利用してプラチナチャレンジに挑戦してみます。

 

 

 

gotoトラベルでお得にプラチナチャレンジしませんか?まとめ

まとめ

7月22日から実施されることになったGo Toトラベルキャンペーン

宿泊代の35%が還付される大変魅力的な事業です。

 

しかも利用回数は無制限。

 

本記事では、マリオットボンボイのプラチナチャレンジへの挑戦について紹介しました。

3ヶ月で16泊する必要があるプラチナチャレンジには、1泊1万円としても達成には16万円必要です。

 

しかし、今なら35%の還付がありますから、5万6千円もお得になります!

このチャンスを利用して、マリオットボンボイのプラチナチャレンジに挑戦してみませんか?

 

損をしないためのSPGアメックスカードの作り方

マリオット・ボンボイ系列ホテルで、VIP待遇を受けるゴールドエリート資格がもらえるSPGアメックスカード

【SPGアメックスカード】を作ってみたいと思った方のために、損しないためのSPGアメックスカードの作り方を紹介します。

 

通常の場合、SPGアメックスカード新規申し込みを行ってカードを発行した後、3ヶ月の内に10万円利用すると30,000ポイントのマリオットボンボイポイントをもらえます。

ところが、SPGアメックスカード所有者の紹介で申し込むと、36,000ポイント、さらに10万円のカード利用分を合わせると39,000ポイントもらえます。

なお、こちらのブログからでもSPGアメックスカードの申し込みURLを紹介することができます。

+ 紹介申し込みのリンクはこちらです。

なお、SPGアメックスカードの申し込みをする場合には、マリオットボンボイの会員番号が必要となります。

申し込みURLをクリックする前にマリオットボンボイ公式サイトで会員登録を行っておきましょう。

詳しい申し込み方法は SPGアメックス申し込み方法を徹底解説 で解説しています。

 

マリオットボンボイ・SPGアメックスについてはこちらの記事も参考にしてください。

SPGアメックスのメリット・デメリット、登録前に知っておきたいことまとめ

SPGアメックス申し込み方法を解説画像で紹介|ボーナスポイント39000を受け取ろう!

-おすすめ, マイル・キャッシュレス, 旅行

© 2020 The雑誌ブログ