入国制限緩和

タイ旅行 海外旅行

【アフターコロナ】入国制限緩和に動きだした!|タイ・ベトナム・豪・NZ

5月31日 日本政府が入国規制緩和の検討に動き出しました!

ついに世界中が鎖国状態から、次のステージへの検討に入りましたね。

 

本記事では入国制限緩和ニュースの内容と、各国の新規感染者情報についてまとめました。

 

 

入国制限緩和ニュースの内容

入国制限緩和の第一弾として、4ヶ国について検討を進めていることがわかりました。

入国制限緩和 第一弾 対象国

  • タイ
  • ベトナム
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

現在、日本では全世界からの入国制限を6月末までは継続することが決まっています。

今回対象となった4ヶ国については7月以降に入国制限の緩和を実施する可能性が出てきました。

 

早くタイに旅行したいな!!

 

今回の検討は、あくまでも海外から日本に来る外国人への制限緩和です。

日本から海外への移動については、まだまだ先の話になりそう。。。

 

このまま入国制限緩和が進んで、早く外国人が日本に入国できるようになればいいですね。

 

ただ、今回対象となった4ヶ国の新規コロナ感染者数はゼロが続いています。

日本よりもかなり少ないです。

 

日本もこのまま落ち着けばいいのですが。。。

今後コロナ感染爆発の第2派の兆候がみられれば今回の制限緩和の話も、元の木阿弥になりかねません。。。

 

 

 

 

緩和対象各国のコロナ感染者状況

タイ

 

タイではタイ国内での新規感染者はゼロ人が続いています。

新規感染者は全員海外から帰国した方のみ。

タイ国内では完全にウイルスを封じ込めたようです。

 

 

 

ベトナム

ベトナムも、ベトナム国内の新規感染者数は1ヶ月以上ゼロ人が続いています。

新規感染者は全員海外から帰国した方となっています。

ベトナムも完全にウイルスを封じ込めているようです。

 

ニュージーランド

ニュージーランドは5月27日に、新型コロナ肺炎による入院患者がゼロにになったと発表しています。

新規感染者数もゼロ人が続いています。

ニュージーランド感染者数推移

 

 

オーストラリア

オーストラリアは新規感染者はゼロにはなっていませんが、約1ヶ月期間は感染者数推移はおちついています。

 

日本

 

他の国が3月末頃が新規感染者のピークであるのに対して、日本は4月中旬がピークとなっています。

日本は、他の国よりも緊急事態宣言解除のタイミングが早いので少し心配。。

 

【アフターコロナ】入国制限緩和のまとめ

まとめ

ついにアフターコロナに向けて、入国制限緩和の動きが見えてきました。

早くおつちいて、また世界中の人々が自由に旅行できる世界に戻ってほしいです!

 

-タイ旅行, 海外旅行

© 2020 The雑誌ブログ