ワットプラケオ

海外旅行

ワット・プラケオの行き方・所要時間・見どころを徹底解説|MRTで便利にいけるようになりました!

この記事ではワット・プラケオについて紹介します

ワット・プラケオ

ワット・ポー ワット・アルン とともにバンコク三大寺院のひとつ。

別名エメラルド寺院とも呼ばれます。

タイの中で最も格式の高いお寺とされています。

本尊にはヒスイでできたエメラルド色の仏像が祀られています。

ワットプラケオとは、ワット・プラ・ゲオモラコットを省略した通称です。

タイ語の意味は

ワット(寺)・プラ(仏)・ケオモラコット(エメラルド)

つまりエメラルド仏の寺という意味です。

タイでは親しみと尊敬の念を持って「ワットプラケオ」という名前で呼ばれています。

 

この記事では、ワットプラケオへの行き方、見どころ、オススメの現地ツアーについてご紹介します。

 

この記事でわかること

  1. ワット・プラケオへの行き方
  2. ワット・プラケオの見どころ
  3. オススメの現地ツアー

 

 

 

 

ワットプラケオはバンコク三大寺院のひとつ

ワットプラゲオ行き方

バンコクを初めて訪れた方には必ず行ってほしいお寺が3つあります。

  • ワット・プラケオ
  • ワット・ポー
  • ワット・アルン

この3つのお寺は上の地図のように隣接していて、とても観光しやすくなっています。

ワット・プラケオの正式名称は

วัดพระศรีรัตนศาสดารามワットプラシリラタナサーサダーラーム

と呼びます。

 

タイ文字って丸くってかわいいー

そうですか(汗 ???

とても文字には見えません。。。

僕が読めるようになるのには1年以上かかりました(笑

 

 

 

ワット・プラケオの行き方

ワット・プラケオへの行き方は次の2つです。

①MRT SanamChaiサナムチャイ 駅から徒歩またはトゥクトゥク

②ホテルからタクシー

③現地ツアーを利用

 

移動代金を節約したい方 は ①MRT SanamChaiサナムチャイ 駅から徒歩

節約よりも快適を優先したい方は ②ホテルからタクシー

3大寺院をまとめて体験したい方は ③現地ツアーを利用

がおすすめです。

 

順に解説します。

 

MRT SanamChaiサナムチャイ 駅から徒歩(またはトゥクトゥク)

2019年9月にMRTが延伸されて、MRT SanamChaiサナムチャイ 駅ができました。

昔は、最寄り駅がなく次の3つの方法が主でした。

 ・市内のホテルから直接タクシーで行く方法

Krungthepクルンテープ駅からトゥクトゥクで行く方法
・BTS Saphan Taksinサパーンタクシン駅から水上バスで行く方法

今でもこのルートを進めているガイドブックなどもあるかもしれません。

しかしこのルートは時間がものすごくかかるため、おすすめできる方法ではありません。

 

現在では、MRT SanamChaiサナムチャイ 駅から徒歩でいくのが一番便利です

 

最寄り駅のサナムチャイ駅から徒歩約15分です

※ただし暑い日は無理せずタクシーかトゥクトゥクで移動するのがオススメ

 

ワットプラケオ地図

 

 

ホテルからタクシー

バンコク市内から最もお手軽に移動できる方法はタクシーです。

ワット・プラケオへのアクセスは、ホテルからタクシーで行くのがシンプルで楽です。

 

ホテルでタクシーを呼んでもらいましょう

市内で流しのタクシーをつかまえると、高確率でボッタクリ価格になってしまいます。

バンコク観光初心者の方は、ホテルでタクシーを呼んでもらいましょう。

スマホで『Grab』を使える方は『Grab』もオススメです。

Grabならぼったくりもないですし安心です。

 

 

 

現地ツアーを利用

バンコク旅行初心者の方には、ツアーの利用がおすすめです。

バンコク旅行初心者の方はツアーを利用しましょう

 

観光案内もしてくれますし、効率的に案内してくれるので時間を有効に使えます。

バンコク3大寺院 ワット・プラケオ  ワット・ポー  ワット・アルン をまとめて観光できるツアーがおすすめです。

 

半日ツアー情報

半日観光ツアー 3大寺院を効率よく巡る!

 

話題のワットパクナムにも行けるツアー情報

定番3大寺院+人気のワットパクナム寺院

 

 

ワット・プラケオの基本情報

営業時間

8:30〜16:30(チケットは15:30まで)

 

拝観料

500バーツ

 

 

所要時間

だいたい60~90分程度

広くて、歩き回るので疲れます。

無理せず休憩しながらの参拝をおすすめします。

 

 

ワット・プラケオの見どころ

ワットプラケオ

境内にはたくさんの建物があります。

写真は黄金で輝いている絢爛豪華な仏塔。

仏塔はタイ語は『チェディー』と呼ばれます。

この塔はラーマ4世が築いた『プラシーラタナチェディー』です。

 

 

 

ワットプラケオ

門を守っている巨大なヤック(鬼)

迫力がありますね。

 

 

ワットプラケオ

本堂の中にある『エメラルドブッダ

遠くにあるのでよく見えません。。。。(泣

 

 

ワットプラケオ

黄金の仏塔(チェディ)

こちらは『プラスワンナチェディ』です。ラマ1世によって建てられました。

ちなみに『スワンナ』はタイ語で『黄金』の意味です。

スワンナプーム空港はスワンナ(黄金)プーム(土地)で『黄金の土地』という意味になります。

 

ワットプラケオ

ラマ5世の時に建てられた王宮です。

 

 

ワット・プラケオに行くときの注意点

タイでの宗教のマナー

ほとんどのタイ人は敬虔な仏教徒です

寺院を観光する時はタイの宗教に敬意を払って、非常識な行動はとらないようにしましょう。

服装

男女ともにノースリーブショートパンツミニスカートなど肌の露出が多い服装は避けるようにしましょう。

寺院によっては腰巻などを貸してくれるところもありますが、そうでないところでは参拝ができない場合があります

 

行動

寺院の中では、騒がないようにしましょう。大声で笑ったり走り回ったりしてはいけません。

また男女が肩を組んだり手をつないだりということも好ましくない行動とされていますので気を付けましょう。

 

 

女性の方へ

女性が僧侶の体や衣、持ち物に直接手を触れてはいけません。

寺院の中だけでなく公共交通機関の中などでも僧侶を見かけることもよくありますが、女性が僧侶に触れてはいけませんので気を付けましょう。

 

 

ワット・プラケオの口コミ、評判

ワット・プラケオに参拝されている方の口コミを集めました。

 

ワット・プラケオはホントに豪華ですよ!

 

記事にも書きましたが、服装には注意しましょう。

 

 

 

ワット・プラケオの行き方・所要時間まとめ

まとめ

ワット・プラケオのアクセス方法、見どころ、所要時間について解説しました。

バンコクに初めての方は、ワット・プラケオだけではなく、ワット・アルン、ワット・ポーも是非観光することをおすすめします。

こちらの記事も参考にして良い旅をお楽しみください!

ワットポー
ワット・ポーの行き方・所要時間・見どころを徹底解説|MRTで便利にいけるようになりました!

続きを見る

ワット・アルン
ワット・アルンの行き方・所要時間・見どころを徹底解説|絶景の夜景レストランも解説!

続きを見る

 

この記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-海外旅行

© 2020 The雑誌ブログ