おすすめ ゴルフ

【パターマット工房|スーパーベントパターマットレビュー】正確性とタッチを習得して3パット激減!

悩んでいる人
パターマットがほしいんだけど、何がおすすめか知りたいな

そんな方に参考になればと思い記事にします。

 

僕は、月1~2ゴルファー ベストスコアは83です。

80切を目標に頑張ってます!

Yoshida

 

ゴルフのスコアアップのためには、アプローチとパターの技術向上がかかせません。

そこで僕もパターマットを購入して、自宅で毎日パター練習をしてます。

方向性とタッチが明らかによくなって、3パットも激減すること間違いなし。

 

スコアアップのために、パター練習は必須!

 

ということで、今回は

『【パターマット工房|スーパーベントパターマットレビュー】正確性とタッチを習得して3パット激減!』

について書いていきます。

 

 

 

 

スーパーベントパターマットの概要

スーパーベントパターマットはパターマット工房の製品。

高知県の工房で制作されており、Made in Japanの高品質です。

 

ロール状に巻いた状態で梱包して発送されました。

マットに折り目などがつかないように品質管理も徹底されています。

 

 

 

スーパーベントパターマットの同梱品

スーパーベントパターマットを購入すると、距離感マスターカップ・傾斜パッド・円形ターゲットが付属します。

付属といっても、きれっぱしですが(笑

 

 

付属品の「距離感マスターカップ」は秀逸。

理想のタッチはカップから30cmオーバーの強さ。

手前の丸を通過して、奥の長方形のエリアにボールがたまるように練習します。

 

 

 

スーパーベントパターマットの種類とサイズ

 

芝の種類とサイズは好みによって選ぶことが可能

芝の種類

  • 標準ベント 8ft ~ 9ft
  • 高速ベントグリーン  10ft ~ 12ft
  • 最高速ベントグリーン 16ft

 

パットの基本を徹底的に練習したい方は8~9ftの標準ベントタイプがおすすめ。

しっかりとしたインパクトを作るためには、少し重めのグリーンで練習するといいですよ。
Yoshida

 

 

マットのサイズ

  • 幅 30cm  45cm  90cm
  • 長さ 3m 4m 5m 

幅と長さは、大きければ大きいほどいいです。

部屋の制約以内で、1番大きなサイズを選ぶのがよいでしょう。

 

僕は幅45cm 長さ3m を購入しました。

 

 

 

 

 

 

スーパーベントパターマットを部屋で使ってみた

朝仕事に行く前や寝る前に、パターの練習をするのが習慣になりつつあります。

最低でも5回連続でカップインするのが日課です。

 

 

スーパーベントパターマットのメリット

スーパーベントパターマットのメリットとしては次の3点があります。

  • ベントグリーンのタッチをリアルに再現している
  • 自分の部屋のサイズに合わせたパターマットを選ぶことができる
  • 45cm ☓ 3mのサイズで3,000円台と、お手頃な価格設定。

 

ベントグリーンのタッチをリアルに再現している

パターマット工房が徹底的にこだわって生地を開発しています。

国内で生産されており、品質も高いです。

高密度で柔らかい繊維でできていますので、本物の感触にとても近いです。

裏面のウレタン層により、滑り止めとクッション性を高めています。

 

 

自分の部屋のサイズに合わせたパターマットを選ぶことができる

標準サイズとして

  • 幅 30cm  45cm 90cm
  • 長さ 3m 4m 5m

が準備されています。

更に、特注品にも対応しており、部屋の床全面にマットをしきつめて、パター練習部屋にしてしまうことも可能!

 

 

45cm ☓ 3mのサイズで3,000円台と、お手頃な価格

一般的なサイズ 45cm ☓ 3m の価格は アマゾンでたったの3,980円です。

幅30cm なら 更に安い3,278円。

打ちっぱなしに2回いくのを我慢すれば買えてしまうので、とってもお得です。

毎日練習すればスコアアップ間違いなし。

 

 

 

 

 

【パターマット工房|スーパーベントパターマットレビュー】のまとめ

 

パターマット工房のスーパーベントパターマットについてレビューしました。

スーパーベントパターマットの特徴は

  • ベントグリーンのリアルなタッチを実現
  • サイズが豊富で、各自の状況にあったサイズを選択できる
  • お手頃な値段

スコアアップを目指すなら、おうち練習はかかせません。

パターマットを手に入れて今すぐ練習しましょう!

 

 

 

 

-おすすめ, ゴルフ

© 2020 The雑誌ブログ